SAPコンサルタントについて

sap

SAPコンサルタントとは

ITシステムを活用して企業の経営課題を解決する専門家をITコンサルタントと呼びますが、その中でもSAPのERPパッケージを専門とするITコンサルタントをSAPコンサルタントと呼びます。
つまり、SAPコンサルタントとは、SAPに関して専門的な知識を持つITアドバイザーです。
効率的な経営のためにSAPを導入する大手企業が増えており、SAPコンサルタントの需要も高まっています。

SAPとは?

「SAP」はドイツに本拠を置く世界最大級のソフトウェアメーカー「Systemanalyse und Programmentwicklung」の略称です。
このSAP社が開発した代表的なERPパッケージの商品名としても知られています。
ERPパッケージ「SAP」は、企業の業務プロセスを統合し、効率化を図るために設計されています。
高度な機能性と柔軟性を持ち、財務、人事、物流など多岐にわたる業務をサポートします。
これにより、企業はリアルタイムでのデータ管理と分析が可能となり、経営判断の迅速化が図れます。
SAPの最大の魅力は、企業全体の業務を統合的に管理し、最適化できる点にあります。

SAPコンサルタントの役割は?

SAPコンサルタントの役割は主に2つあります。
1つ目はSAPシステムの導入支援です。
大企業の場合、既存のERPパッケージからSAPへのデータ移行をスムーズに行うためのサポートを提供します。
また、業務系パッケージを初めて導入する企業には、導入前に業務分析を行い、業務改革を提案します。
2つ目はカスタマイズです。
SAPはテンプレートが充実していますが、業務内容に応じて必要なカスタマイズを施します。
さらに、システム稼働後のサポートやバージョンアップ時のフォローアップも重要な役割です。

SAPコンサルタントとSEの違い

「SAPコンサルタントの仕事内容はSEと変わらない」と考える方もいますが、実際には違いがあります。
確かにSEからSAPコンサルタントに転職するケースは多く、仕事内容が似ている部分もありますが、SAPコンサルタントは経営に近い位置で要件定義を行い、ビジネスコンサルタントの役割も兼ねています。

SAPコンサルタントの主な仕事は、SAPシステムの導入と運用を通じてクライアントの業務効率化やビジネス環境の改善に貢献することです。
要件定義を通じて経営課題を解決することがミッションであり、クライアントの基幹システムを設計・導入し、導入後のバージョンアップや保守業務も担当します。

具体的な提案を行い、システム全体の設計と運用に責任を持つ点で、プログラムの構成と納品が主な業務であるSEとは異なります。

SAPコンサルタントの魅力

いまやIT系コンサルタントの中でも花形といえるSAPコンサルタントには、需要の高さ以外にも多くの魅力があります。
まず、SAPコンサルタントは高度な専門知識を持ち、企業の複雑な業務プロセスを改善するためのスキルを有しています。
大規模なプロジェクトに関わることでキャリアの成長が期待でき、報酬も専門知識と経験に見合った高収入が得られます。
また、経営視点での関与ができ、ビジネスコンサルタントのような役割を担うことで、さらなるキャリアの幅が広がります。
グローバルに活躍する機会も多く、国際的なキャリアを築くことが可能です。
これらの点が、SAPコンサルタントとしての魅力です。

専用コンサルタントとして能力を発揮

一般的にコンサルタントとして働くには、多様なパッケージソフトに精通していることが求められますが、SAPの場合は市場シェアが非常に高いため、専門コンサルタントとして十分に成り立つ点が魅力です。
1つのシステムに集中することで、より高度で専門的なスキルを身につけることができ、コンサルタントとしてキャリアアップを目指すには最適な選択肢となります。

大手企業がクライアントである

SAP社のERPを導入している企業の多くは世界的な大手企業です。
これらの企業は通常、全社・全拠点にシステムを導入するため、海外出張も珍しくありません。
SAPコンサルタントは、クライアントの課題をヒアリングし、最適なソリューションを提供します。
世界的な大企業の経営戦略に深く関わりながら、経営課題を解決するこの仕事は非常にやりがいがあります。

上流のコンサルタントを目指せる

SAPコンサルタントは、SEに比べて上流工程から関わるケースが多く、単なるソフトウェアの導入にとどまらず、多くの業務要件をシステムに組み込むことで、クライアントにとって最適なシステムを提供します。
これにより、企業が競争力を強化し、経営資源を効果的に管理できるよう支援することができます。
この成果はコンサルタントにとっても大きな達成感をもたらし、上流コンサルタントとしてのキャリアパスにつながります。

SAPコンサルタントの年収

SAPコンサルタントを目指す方にとって、収入は重要な要素です。
年収は担当する領域や経験年数、所属する会社によって異なりますが、一般的なIT職やコンサルタントに比べて高額です。
平均年収は600万円ほどで、プロジェクトリーダーなどのマネージャークラスになると1,000万円を超えることもあります。
特に、SAPジャパンのコンサルタントは平均年収が1,065万円から1,259万円と非常に高額です。
フリーランスの場合はさらに高額な収入が期待できるかもしれません。

SAPの成長が続く限りSAPコンサルタントは魅力的な仕事

SAPコンサルタントは非常にやりがいがあり、魅力的な仕事です。
今後、クラウド化の進展により導入コストが下がることが予想されるため、これまで導入をためらっていた中小企業でもSAPを導入するケースが増えるでしょう。
それに伴い、SAPコンサルタントの需要も高まると考えられます。
この動きにより、より多くの企業が効率的な経営を実現できるよう支援することが期待されます。

ようこそ、フリーランス・
副業人材が集まる
プロフェッショナルギルドへ

Yoakeに会員登録いただくと独立時のメリット・デメリット、税制面でのTipsを集約した資料のお渡し、クローズドコミュニティへのご招待、専属担当による非公開案件紹介など様々な特典がございます。独立からプロジェクトデリバリーまで充実のサポートをさせていただきます。